• ホーム
  • カンジタ治療にはエンペシドクリームが効く

カンジタ治療にはエンペシドクリームが効く

カンジタは常在菌が原因となって引き起こされることで発症する疾病です。
疲れやストレス、またはホルモンバランスの変化によって抵抗力が落ちることで、常在菌に対しての免疫力がなくなり発症します。
このため、健康であっても誰しもカンジタにかかる可能性があります。
また、再発をしやすい疾病として知られています。

菌が膣内で増殖することにより症状が現れます。
カンジタの自覚症状には膣やその周辺にひりひりとした強い痒みを生じるということがあります。
また、おりものが酒粕やカッテージチーズのように白くて粘度の高い状態になります。
菌が増殖している膣やその周辺に赤い発疹がでることも症状によくあります。
また、性交渉時や排便、排尿の際に通常とは異なる痛みを伴うことがあります。

カンジタは再発をしやすいので感染経路を知ることは予防するために重要です。
性交渉やタオルの共用によって感染することはありますが、この場合は稀であり、実際は自身の菌の増殖によって発症します。
菌の増殖を抑えるにはつねにデリケートゾーンを清潔な状態にしておくことです。

カンジタの治療として最もメジャーなのはエンペシドクリームです。
これは外用薬に分類され、カンジタの原因となる菌の増殖を抑え、死滅させる効果があります。
塗る前に患部を清潔な状態にしてから、患部全体に薄く広がるように適量を塗布します。
たっぷりつける必要はありませんが症状が完全におさまるまで、毎日数回にわけて、きちんと使い続けることが重要です。
少し症状が治まったからといって薬の使用を中止するのではなく、最後に検査をしてカンジタ菌がいないことを確認してから使用をやめることです。

副作用としては、患部への刺激やかゆみや赤みです。
菌が増殖しているので刺激に対して敏感になっているためこのような症状が生じます。
しかし、エンペシドクリームは比較的副作用が現れることの少ない治療薬ですので、安心して使うことができます。

カンジタの感染経路と症状について

カンジタは性病と勘違いされがちですが、健康な人でも常在菌として存在している「カンジタ菌」が何らかの原因で異常繁殖するために発症するものです。
感染経路としては、他人の使用したタオルや性交渉、自分自身からの膣への感染などがあります。
カンジタ菌は人の腸や手のひらにも常在していますので、膣への感染を避けるためには、トイレの後は前から後ろへ拭く、下着やタオルは毎日清潔なものに取り替えるという注意が必要です。
通常の膣内は乳酸菌によって酸性に保たれているため、菌は繁殖しにくくバランスが取れた状態となっています。

しかし、糖尿病や疲労・風邪・ストレスなどで免疫力が低下したり、妊娠・出産で常在菌のバランスが崩れた場合などで、カンジダ菌は異常増殖してしまいます。
ムレやアセなどによるデリケートゾーンの高温多湿化にも注意が必要です。
このように、ちょっとした身体の変調によって発症しやすいため、治療しても再発しやすい病気です。
約7割の人が再発を経験しています。

カンジタの特徴的な症状は、外陰部の痒みとおりものの変化です。
痒みの症状は激しく強いものです。
時にはずきずきする痛みを感じることもあります。
おりものは、酒粕やヨーグルトのように白く濁ってポロポロしたものに変化し、量も多くなります。

また、発疹がでることもあります。
かゆみがあっても外陰部をかかないようにすることが必要です。
かくと刺激がひどくなったり、感染が広がる可能性があります。

又、パートナーへ感染している可能性があるため、パートナーの方に陰部のかゆみ、発赤等の不快症状があれば、すぐに医師の診察を受けましょう。
治療方法としては、エンペシドクリームの使用が副作用も少なく効果も期待できるため一般的です。
発症を防止するには、身体のバランスを整えストレスを溜めないことと、デリケートゾーンが高温多湿にならないように注意することが重要です。